梅雨の隙をついて・・

6月18日、吐月工房氏と二人で平日午前中漕ぎをしてきた。

天気予報は曇り後雨。午後から降水確率が高まり、風・波も上がってくるらしい。必然的に午前中勝負である。朝7時に宮川に到着し、排便して組み立て始めようと思ったら吐月工房氏到着。少し待ってもらい、30分ほどで組み立てて8時前に出艇。城ケ島を時計回りに一周する。うねり、ブーマーが少しあるが、ほど良い感じである。風はほとんどない。スケッグ装着のカサラノは今日も快調。安房崎の岩礁帯の波も怖くない。

曇ってやや暗い

すましと海岸でゴミ拾い。ペットボトルを中心に拾うが、ハングル入り韓国製飲料や漢字ラベルの福建省製造飲料のボトルを見つけた。流れつくのにいったい何日かかるのだろう?



馬の背洞門

すましと海岸にて

平日なので磯場の釣り人も少なめ。長津呂崎近くで平日カヤッカーとすれ違う。そのままほぼ静水の三崎港を通過して10時前に帰還。漁港脇の入り江でお約束ロール練習。パドルはいつものクラトワ。

だいぶ汗をかいたのでひとまず持ち替えロールをやってみるが、水温がちょうどいい。気楽なウェアでロールを楽しめる季節になってきた。その後、スカリングロール、ロングスイープロールを中心に何度もひっくり返る。失敗しても持ち替えロールで上がるので沈脱せず浸水も少ない。特にロングスイープロールは感触を忘れていてここしばらく失敗続きだったが、ブレードと水面を水平に、という吐月工房氏のアドバイスをもらったら成功。スカリングロールもパドルと体の位置関係に気をつけていたら顔がしっかり水面上に出るようになった。あとは吐月工房氏のようなストームロールがビシッと決まるといいんだが、まだまだのようだ。

回っていたらさすがに疲れてきて上がりにくくなり、最後にバウを借りる。まだまだ力技で上がろうとしているから疲れるのも早いのだろう。結構まわったので、撤収してからもロール汁が鼻から出まくりであった。

気分を良くして出艇地に着いたら、単独の男性がpoint65°のオレンジ色のカヤックを撤収しようとしていた。声をかけたら、まだあまり単独でのパドリング経験が少ない方で、うっかりPFDを忘れてしまってもう帰ろうかとしていたところのようだ。せっかく平日休みがとれて今の海況だったら漕がないともったいないよ、せめて横瀬島まで往復してきたら、と言うとその気になり、吐月工房氏が釣り用のPFDを借りる算段をしてあげたので彼は横瀬島まで往復してきた。聞けばカヤックを買ったのは想像通り内房のソルティーズで、横浜の大工さんでSさんという方のようだ。

まるよし食堂さんで早めの昼食を食べ終わる頃、Sさんは戻ってきた。雨も降り始めたので乾かしていたカサラノを撤収し、少しSさんと話した。これを機に時々ご一緒することもあるかもしれない。

小雨でムシムシする中、快適に横横道路と首都高を使って13時過ぎに帰宅。週末は波も風も上がってしまうようだ・・
blog comments powered by Disqus