初漕ぎはいつもの城ヶ島

2月半ばになってようやく初漕ぎである。

8時到着を目指して高速を走っていたら、幸浦あたりで葛飾のU氏のクルマに抜かれた。衣笠インターで降りて一般道を走り始めたら、吐月工房氏とU氏のクルマの後に付くことになり、3台揃って宮川到着。

久しぶりにカサラノを組み立てる。ネジ曲がっているのが途中でわかり、一度テンションを緩めて再度組み直す。ちょっと船体布が縮んでいたが、何とか順調に組み上がった。

やや北風があるが、海況はまだおとなしい方で、城ヶ島を一周する。すましと海岸でゴミ拾いしていたら、西から東へソロカヤッカーが漕ぎ抜けていった。ゴミ拾いを終えて日向ぼっこしながら駄弁っていたらだいぶ潮が引いてきた。再び漕ぎ出す。連休なのに、寒いせいか釣り人も少なく、長津呂崎から灘ヶ崎での向かい風もそれほどではなかったが、パドリングが久しぶりなので慣れない。久しぶりにドライスーツを着てきたが、インナーウェアが汗で濡れ、冷える。

三崎港から宮川までの横断で、U氏飛ばす。どんどん引き離される。やはり年季が違うなあ・・

いつもの入り江の透明度が高いので、浅瀬に沈んだレジ袋をパドルで拾う。レジ袋に砂が入っていると底に沈んで厄介である。拾い始めたら、たまたま漁船で入り江に入ってきた漁師のおじさんに感謝されてしまった。ゴミ拾いはパドリングスキルの向上になる上、吐月工房氏に倣って気になり始めるとついやってしまうのだが、あまり感謝されるとどう対応したらいいものか、困る。

おおかたのゴミを3人ですくい上げて、冷たい水を覚悟してロール。スカリングブレイス、左右のスタンダードロール、右持ち替えロング、ストームロールなど5〜6回まわって終了。岩場でトライアルバイクの練習をしていた人たちに奇異の目で見られてしまった。

片づけ、食事の後、吐月工房氏が持ってきたランドローラーを少し履かせてもらう。アイススケートとはだいぶ勝手が違い、転びそうになった。大きなローラーが靴の前にせり出しているので、クロッシングのカーブがとてもやりにくい。でも面白い体験をさせてもらった。

今日はカメラ忘れて写真はなし。
P2121171
吐月工房氏から頂いた写真
blog comments powered by Disqus