荒川沿いにさかのぼる

台風一過、涼しいので久しぶりに少し長く走った。とはいっても近所の荒川サイクリングロードを埼玉県まで走って対岸を戻ってきただけ。何の工夫も面白みもないトレーニングである。

最初は連休中に走った荒川・中川・江戸川周回コースを走ろうと思ったのだが、スピードが乗ったところで橋の歩道を走らなければならないので土手に上がるポイントを通過、そのまま上流へ荒川右岸をさかのぼってしまった。北千住を過ぎると自転車の数も減り、時々ローディーとすれ違うのみになる。さすが平日。

延々とさかのぼっていくにつれ、水しか持ってこなかったことが心細くなり、板橋あたりでコンビニを探す。シャリバテになっては困る。すぐに見つかって、スポーツドリンクと軽い行動食を購入して再び走り出す。結局、右岸のサイクリングロードは秋が瀬運動公園の先の羽根倉橋手前(志木市と富士見市の境)でまともな道ではなくなり、折り返す。まだ上流に行くためには左岸に渡らないとダメみたい。

帰りは鹿浜橋まで同じ右岸を戻り、橋を渡って「レストランさくら」で昼食を摂って左岸を南下、先日雨に降られたコースを戻ってきた。走行距離は73km。100kmに乗せたかったのだが、北東風が強くて、昼食後も単調な道で尻・脚に疲労がたまってきたので挫折した。荒川左岸は人も少ないので走るのに根性がいる。

100kmに乗せるには、今日のコースに加えて河口の葛西臨海公園まで行って北上してこないといけない計算だ。もう一回十分に休憩を取って栄養を補給すればいけそうな感じだが、一人で黙々と走るのにも限界というものがある。

アップダウンの無いサイクリングロードで100km走れないのはまだまだヒヨッコということだろう。暑い夏はトレーニングに集中して、秋に本格的なツーリングするほうがいいのかもしれないと一瞬思ったが、秋は秋で時間が取れない。ま、ゆっくり無理せずできるだけ長く走ればいいや。別に競争ではないんだし・・・でも都会の道はスポルティーフ・ランドナーに合わない気がする。田舎道を走りたい!
blog comments powered by Disqus