大相撲五月技量審査場所(後半)

結局、チケットを手に入れた7日間全ての日に国技館へ行ってしまった。

13日目、幕下で唯一のチェコ出身力士、隆の山がうっちゃりで逆転勝利、館内大いに湧く。みんな隆の山の苦労(初土俵以来チェコに帰らず)を知っているんだよね。来場所はついに新十両だけど、あの細い体でどこまで通用するのか見物である。できることならば、長く残って欲しい。

そしてちらほらと帰り支度をする人が見られる中での横綱白鵬の黒星。こういう時こそ、と予感がしたがやはり波乱は起きた。白鵬の負けを生で見たのは何場所ぶり、いや何年ぶりだろうか。

千秋楽、午後から嵐のようになった。電車も遅延になったため遅めの4時近くから観戦。千秋楽を見に行くのも久しぶりだ。
すでに三段目を除く十両以下の優勝は決まってしまっている。幕内力士の取組は給金直しの取組が多く、ガチンコ相撲だということをことさらにアピールするかのようだった。
栃ノ心が負けた時点で幕内最高優勝は白鵬に決まり。後は波乱なく終わるかと思いきや、結びの一番で魁皇が右上手を取った。魁皇渾身の寄り切り!魁皇が白鵬に勝ったのを見るのもものすごく久しぶりな感じがする。

千秋楽の表彰は優勝旗授与のみで、天皇賜杯などは全くなし。NHKの刈谷アナがインタビューしたが、NHKもニュースでは実況付きの映像を流しインタビューも撮っているくせに放送しないのはいかがなものか。撮影クルーやアナウンサーを配置したのだったら、せめて東北地方だけは相撲を放送すべきだったのではないか?またなにより、チケットは只ではなくて通常より若干安めの値段にして義援金に回すべきだったように思う。私が何度も行かれたのはチケット代が只だったからだが、趣旨を表明して発売すれば私はちゃんとお金は出すつもりだったし、あんなヘンテコな空席は出なかったはず。

帰路、両国駅前で解雇された蒼国来の復帰を嘆願する署名が行われていた。勝手連の活動らしいが、野球賭博の影響で昨年とんとん拍子に幕内に上がった蒼国来が、八百長の相談をするような慣れあい状況を作る時間的余裕は無かったのではないかと想像してしまう。蒼国来はとばっちりを受けたのではないかと勘ぐってしまうのである。
Comments

大相撲五月技量審査場所(前半)

中日を過ぎてしまったが、もう国技館に4回も足を運んでいる。4月29日の10時からパソコンの前で2時間粘ってゲットした只チケットを同僚とやりくりしての観戦である。

普段の場所と違うのは、懸賞金がかからないこと、場内でのアルコール自粛、お茶屋がお土産など持ってこないこと(普段私たちはお土産など頼まないが)、くらいか。淡々と取組みが進んでいく。内容は当然ながら普段より濃い(濃くないと困る)。引退させられた力士が十両に多いため、十両土俵入りはとても寂しい限りで、片方から8人しか土俵に上がらない。

それでも普段よりはむしろ客が入っているように見えることもある。当日チケットをゲットするために朝から並んでいる人たちが2階最上段で熱心に見ており、ここが一番人口密度が高い。
あとは只チケットを手に入れても来ない客や、余らせてしまった客がいるため、2階イス席も1階マス席も客は散居状態で俯瞰すると富山の砺波平野のようだ。普段なら土俵に近いところほど人口密度が高い。さらにこれも当然なのかもしれないが外国人が少ない。したがって失礼ながらスットンキョウな声援を送る人もあまり多くはない。

好角家は確実に来ている。しかも毎日来場している人がいる。自分も結構頻繁に来ているのでヒトのことは言えないが・・

何せ只チケットなので、同僚で今まで相撲を観たことがない人も誘って観戦させている。こうやって新たなファンが増えればいいのだが。

あと観戦に行くのは、3回。何と一場所で7回も見に行くなんて贅沢をしている。おそらく13日目あたりに幕内最高優勝は白鵬に決まってしまうだろうが、幕下上位の行方が楽しみである。千秋楽もチケットをゲットしたので行くつもりである。
Comments