平地でも紅葉真っ盛り

雨の週末、短時間だけ那須塩原へ。近くの大山公園の紅葉はさらに進み、真っ盛りだった。
20191124_01580123020191124_020011398

今回、行きは谷和原からずっと下道で、帰りは日曜日の夕方渋滞が起こる前だったので高速を使った。
もう12月が近づいてきた。志賀高原では熊の湯がうっすらとした人工雪でオープンしたらしい。
Comments

高原山・山麓の富士山と大沼

また週末土曜日の夕方に那須塩原へ。日没が早い。下り線は順調だが、土曜日なのに上り線の渋滞が発生している。日光あたりへ日帰りした人たちの帰京渋滞なのだろう。

矢板で4号線沿いのドライブインへ立ち寄って夕食。栃木県北部から福島県など東北地方の幹線国道には昭和感たっぷりのドライブインが点在している。先週立ち寄ったドライブインなど、座敷に炬燵が置かれていて、トラック野郎たちが宴会をしているかたわら、近所のスポーツ少年団の子供たちと親が忘年会チックな会合を開いていた。こういうドライブインは分煙などどこ吹く風だ。

日曜日、放射冷却で冷える中、朝9時に別宅を出て塩原方面へ。那須茶臼岳はやけに白くなっていて、うっすら積雪があったようだ。もう2000m以下の山頂でも雪をかぶるようになってきたのだ。紅葉も標高500〜700mあたりが見ごろだ。塩原温泉の入り口にあたる渓谷の遊歩道は真っ盛りのようだ。

塩原温泉の国道バイパスは台風の影響で通行止めになっており、来年4月まで工事がかかるらしいので、冬の夕方は絶対渋滞すると予測した。南会津までスキーに行ったら、帰りは下郷村から白河へ抜けたほうが早そうな気がする。この朝も路線バスを先頭に若干のろのろになった。

日塩スカイラインという有料道路に入っていく。実は塩原を抜けて会津へ行くルートは20年くらい車で走っているが、塩原温泉経由でハンターマウンテンスキー場へ行ったことはなく、日塩スカイライン方面へ車を走らせるのも初めてだ。料金所手前の新湯旅館街の上で左折して大沼へ向かい、大沼の駐車場から登山の準備をして10時過ぎに歩き始めた。この近くの富士山(1184m)へまず登る。標高差は約200m。ジグザクの登山道を登りきって約50分で山頂着。山頂では西風が強く展望もないのですぐに下山にかかり、日だまりの風が来ない登山道で軽く昼食とする。
20191117_015736636
富士山への登り。落ち葉の下に岩がゴロゴロ。
20191117_020628928
山頂の標識

そのまま下山して駐車場近くから大沼を周回するつもりで歩いた。しかし木道がそこかしこで壊れており、一ヶ所では沼の上を渡る木造の橋がひっくり返されていた。台風の風の影響だろう。沼の東端でも遊歩道が立ち入り禁止になっていたので、来た道を戻る。約2時間のトレッキングで、歩数は8000歩に満たない。
20191117_025914345
大沼湖畔。風が強かった。
20191117_030942222
大沼湖畔から富士山を振り返る

まだ12時を回ったところなので、近々冬季閉鎖される道路を奥へ向かって、矢板市の「山の駅たかはら」を通過し、県民の森に向かった。県民の森の中のキャンプ場あたりの紅葉が見事なので写真に収め、展望台まで来るまで駆け上がって日光連山を眺め、塩谷町の尚仁沢湧水に近い公園で水を汲んで飲んだ。尚仁沢湧水まで道路から歩いてみたかったが、これも台風で遊歩道が壊れ通行止めになっていた。この辺では焼酎の4リットルペットボトルや10〜20リットル入る携行水タンクをビックリするほど車に積んできて持ち帰る人が多いようだが、つつましくわれらは500mlのペットボトルに湧水を入れてチビチビ飲みながら移動する。
20191117_041622451
20191117_041958561
県民の森キャンプ場にて。赤・オレンジ・黄・緑が交じると美しい。

帰路につき、矢板市のリンゴ農園で直販のサンフジを購入して戻りがてら、乃木神社の境内を散歩した。乃木希典の別宅跡が外から眺められる。このあたりは乃木、大山巖、西郷従道、松方正義らが隠居・開拓を勧めた土地だ。境内を歩いてようやく1万歩が達成できた。
20191117_061711719
乃木旧宅
20191118_000928118
大山公園の紅葉はもう少し先

もう寒いので、それなりの準備と覚悟を持たないと登山も厳しくなってきた。
Comments

高原山・滝めぐり

また週末から月曜日朝にかけて別宅にいた。なかなか読了できなかった「ラグビーの世界史」と「ケンブリッジ世界各国史・南アフリカの歴史」を読了。別宅はテレビがないので鳴り物はラジオしかなく、読書が進む。しかしミニマルな生活なので自炊生活がわびしい。今まではカセットコンロを使い、手軽な鍋とスーパーで買ったご飯だったが、今回は夜にフライパンでお好み焼きを焼いて食べた。卵の扱い(余ったものは持ち帰り)や、お好み焼きの返し(無いので牛乳パックを開いて返した)などで苦慮した。朝は調理パンや牛乳で済ませられるのだが・・

日曜日は好天だったので、混雑することも折り込んで再び高原山山麓へ。「山の駅・たかはら」の駐車場に9時に駐車できた。寒くなってきたし、紅葉の盛りも2週間前よりは次第に低い標高へと移りつつあるので、やや少なめで拍子抜けか?しかし昼過ぎに戻ってきたらほぼ満車だった。

今回は高いところへは登らず、滝をいくつか見に行く。そのためには最初から下りだ。標高1,050mの駐車場から、まず800mに位置する「雷霆(らいてい)の滝」へ。
20191110_011105367
20191110_011417721

さらに標高差100mほど降って、「咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝」へ。いったい誰がこんな難しい漢字の滝の名を考えたのか?
20191110_014145891
20191110_014212103

本来なら「咆哮霹靂の滝」からスッカン沢に沿った山道を登りつつ、対岸の「雄飛の滝」を眺めて県道に出て、道路歩きをしてから水量が多い時のみ現れる「おしらじの滝」を見て「山の駅」に戻る予定だったが、東日本大震災やその後の台風などで登山道が崩落しているらしく、スッカン沢に沿って登るルートが立ち入り禁止になっていた。やむなく下ってきた道を上り返してピストン。

20191110_040201394

山の駅近くの東屋で軽く行動食を食べて、県道沿いに「おしらじの滝」駐車場まで歩き、そこから滝へ。ものの10分程度で滝の前まで行かれるが、運動靴やヒールではちょっと厳しいか。登山靴ならどうってことはない。

高原山の八方ヶ原あたりは冬も車で入れるので遊ぶには良さそうだ。それなりに雪が積もればステップソールスキーで散歩できそう。釈迦ケ岳方面へ登るのは来年雪解け後にしよう。
Comments