都バスに乗って、運河漕ぎ

強風と午後からの強い雨が予報される中、朝からカフナのパックカートを引きずって都バスに乗る。運河から花見をしようという、過去にもやったツーリングだが、強風と河川護岸工事のおかげでわずかな距離で断念を余儀なくされた。

P3310060都バスでカヤック運搬

今回、私の呼びかけに集まって下さったのは7名。いつもフェザークラフトのツーリングでお世話になっている方々だ。はるばる群馬から来られたkawamuraさんは間もなく新社会人となるご子息を伴い、旗艦K2でのご参加だ。その他の方はカフナかウィスパーのシングル艇。河川敷に並べたカヤックはなかなか壮観だ。

P3310063

当初予定していたのは、荒川ロックゲートを荒川側からくぐって江東・江戸川・墨田3区にまたがる海抜0m地帯の運河を漕いでスカイツリーを直下から見上げ、扇橋閘門をくぐって大横川の桜並木を水上から愛で、海洋大学越中島キャンパスまで行って帰ってくる約20kmのルートだった。だが自転車で前もって下見までしたにも関わらず桜はまだ蕾、おまけにこの日ピンポイントで寒冷前線通過による強風と雨の予報。さらに護岸工事でスカイツリーにも接近できず、三重苦の結末となってしまった。今月いっぱいまで、2つの閘門は平日と土曜しか動かさないので、無理を押してでもこの日しかなかった。

集合時間より少し早くに出艇場所の偵察に行ったら、荒川には白波が立ち、とても出艇などできない状態。日曜日にはまだ通過できないロックゲートを諦める。次善の策として旧中川から出艇したが、ブローで10m超の強風に押され、勢いはいいものの南向きに漕ぐことが思いやられる。北十間川では狭い川なのに大規模な河川工事(これもスカイツリー絡みの護岸美化工事である)で現場のオッサンに進むことは罷りならんと剣もほろろにダメ出しされ、強烈な向かい風の中をスゴスゴと引き返す。出艇場所まで戻ったが、さらに小名木川を漕ぐ気力は失われ、これから降るであろう雨におののきながら午前中のうちに撤収とする。漕いだ時間は1時間ほど。残念。きっと桜が満開になるだろう来週日曜にリベンジするかも?ロックゲートも扇橋閘門もついに日曜稼働開始(毎月第一日曜を除く)とのことで、運河(今までドブなんて蔑んできましたが・・)はスカイツリー効果で脚光を浴びつつあるのだ!

P3310061
P3310062
P3310064
P3310066

撤収時、カフナのリベット止め部品が壊れる。わが初期型カフナももう11年目だ。そこかしこに不具合が出始めている。アルミ製リベット止めの部分は腐食が進みやすいのか、経年劣化が出やすい部分だ(アルミパイプの中が乾きにくいからだろう)。せめてリベット修理は自分でやりたいものだ。近日中に修理にトライする可能性あり。

12時42分の都バスを待っているうちに、雨が降りだしてきた。これを打ち込んでいる午後3時には台風並の風雨だ。早めに撤収してよかったかも?
blog comments powered by Disqus