GWの三浦南岸

どこに行くにもすごい渋滞だ。房総方面は渋滞が最悪である。首都圏で唯一、三浦半島方面で午前中勝負ならば渋滞が軽く済みそう。吐月工房氏もそのように考えていたようだ。前日夜に連絡を入れて合流することにした。さらにこちらは久しぶりに女房を連れて行くことにした。去年の夏以来か?

朝、首都高に乗ろうとしたら工事で入り口閉鎖になっており、下道で別のランプまで移動したので到着が8時20分になってしまった。吐月工房氏と葛飾のU氏が到着済み。いつもの駐車場はすでにいっぱいで、ちょっと離れた駐車場に回らざるを得なかった。皆さんをお待たせしているので急いで組み立てる。

慌てるといろんなことを忘れがちだ。今日は組立は先週に続きすんなり30分ほどで終わったが、スポンソンにエアを入れ忘れ、漕ぎ始めようとしてどうもグラグラするなぁと思った時にエアを入れてないことを思い出した。さらに皆さんを待たせることになってしまい、恐縮する。女房は何にもアドバイスせずにカフナを組み立て(しかも私より早く)、一人で海岸まで担いで持っていって一人で乗り始めていた。だいぶ慣れてきたということか。

城ケ島大橋の下で

三崎港の方から城ケ島を反時計回りに一周。若干のうねりは残っているが風はまだ緩く、快適なツーリングだ。すましと海岸で一度上陸したが、人出が多くてゴミ拾いはしなかった。完全に初夏の日差しで汗もかくくらいなので最後にロールしようかとも思ったが、やっぱりまだ水は冷たいのでやらなかった。

三崎港内

長津呂崎近く

ナマコ?がいました

12時過ぎに上陸して解体、日差しがあり乾いた風が吹いていたのでスムーズに撤収できた。今日もスケッグを使用したが、風が緩かったので特に効果を感じることはなかったが、今までのラダーよりは格段に使い勝手がよいと思われる。組立・解体時にラダーワイヤーが邪魔でしょうがないのだが、取り去ってしまうほどの決意はまだない。
blog comments powered by Disqus